ウイルス対策ソフトのガイド

個人情報流出型

 個人情報は現在のネット利用のなかでも非常に大切なものです。油断をしているとすぐに個人情報を盗まれます。一時期、流行したソフトにwinnyというものがあります。winnyとはファイル交換ソフトの一種です。このソフトを利用すると無料でたくさんの音楽やビジネスソフトなどを入手できます。もちろんこうしたソフトの利用は違法です。今までにたくさんのwinny利用者が逮捕されました。このwinnyのネットワークのなかでは多くの危険なウイルスがあります。このウイルスのなかには暴露ウイルスというものがあります。暴露ウイルスとはwinny利用者のパソコンのなかに侵入して、パソコンのなかにある個人情報ファイルを流出させるものです。こうしたウイルスは危険なものです。今までに個人だけではなく、大企業や役所などのデータも流出しました。このように暴露ウイルスとは非常に危険なウイルスです。現在でも暴露ウイルスをはじめ、多くの個人情報流出ウイルスが存在します。このページでは個人情報を流出させる危険なウイルスに関する情報を説明します。一度個人情報が出ると取り返しがつきません。だからこそ、流出する前の対策が必要です。
 個人情報流出型ウイルスが脅威であるポイントは個人情報が悪用される危険性です。個人情報が悪用される危険性はわたしたちの日常生活の安全を脅かします。ふつうにパソコンを利用しているだけなのに、コンピューターウイルスの仕業によって個人情報が悪用される危険性のような事態になってしまいます。わたしも以前、インターネットを利用しているうちに個人情報流出型ウイルスに感染してしまい個人情報が悪用される危険性のような事態を発見しました。サポートの現場で写真が流出している事件を確認しました。その人はファイル交換ソフトを利用していました。こうしたソフトではウイルスの危険性がぐっと高まります。だから、このような危険なソフトを利用しないこともウイルス対策の基本になります。ウイルス対策ソフトを購入するときにも個人情報に対する防御の機能があるかどうかを確認することが肝心です。大変重要な問題ですのでしっかりと対策をしてください。

 

ウイルス対策ソフトのガイドTopに戻る

ページのトップへ戻る